お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

セラミックの種類ごとにそれぞれの長所や短所を分かりやすく教えてください|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

セラミックの種類ごとにそれぞれの長所や短所を分かりやすく教えてください

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。今回のテーマは「セラミックの種類とそれぞれの特徴」です。セラミック治療を希望するなら、セラミックの種類も決めておかなければなりません。

現状セラミックには4つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。もちろん全ての種類のセラミックに共通する特徴もありますが、一方でセラミックの種類ごとで特徴もあるため、自分に合ったセラミックを選ぶために知っておきましょう。

オールセラミックの特徴

セラミックの中で最も美しく、オールと呼ばれるとおり100%セラミックでできています。実は、セラミックの中でも100%セラミックでできているのはオールセラミックのみであり、他のセラミックはセラミック以外の素材も含まれています。

オールセラミックの特徴は審美性の高さと機能性の高さであり、元々セラミックは美しいものの、オールセラミックの美しさは全てのセラミックの中で最上位に位置します。100%セラミックでできているため変色も起こらず、高い耐久性を誇ります。

一方、オールセラミックの短所を挙げるとすると費用の高さです。審美性も高い、機能性も高い、変色もしない…特徴としては一切の欠点が見当たらない分、オールセラミックの費用は高めに設定されています。

ハイブリッドセラミックの特徴

セラミックとレジンが混ざっており、それがハイブリッドの名前の由来となっています。レジンが混ざっている点は長所にも短所にもなっており、長所となるのは費用の安さです。健康保険適用外のため銀歯よりは高額になりますが、セラミックの中で費用は比較的安く設定されています。

またレジンが混ざっていることで柔軟性があり、隣接する歯を傷つけにくいのも長所です。一方短所は費用が安い分、様々な点でオールセラミックに劣ることです。例えば審美性はオールセラミックに比べると劣りますし、耐久性も劣ります。

さらにレジンの影響で年数が経過すると変色が起こるため、ずっと美しいまま使用し続けることは不可能です。このようにハイブリッドセラミックは審美性や機能性が秀でているわけではないものの、その分費用が安く設定されている…つまりお手軽なセラミックとして位置づけられています。

メタルボンドの特徴

外見はセラミックですが中身のフレームは金属でできており、それがメタルの名前の由来になっています。そして、金属を使用していることがメタルボンドの長所にも短所にもなっています。長所は耐久性の高さで、セラミックでありながら金属の耐久性を兼ね備えていることです。

セラミックは陶器ですから、事故によって欠けることや割れることがあります。もちろんそれはメタルボンドも同様ですが、金属の硬さを誇るため奥歯にも使いやすくなっています。例えセラミックが割れても金属は残るケースが多く、そのため修復も容易とされています。

一方短所は金属を使用しているため、金属アレルギーの対象になることです。また、年数が経過して劣化するとセラミックが剥がれ、金属が剥き出しになってしまいます。そのため審美性はオールセラミックに劣り、目立つ箇所をメタルボンドにするのはおすすめできません。

ジルコニアセラミックの特徴

イメージとしては、メタルボンドの上位タイプと考えると分かりやすいと思います。人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しているため、ジルコニアセラミックは割れにくいのが特徴です。このため、噛む力の強い奥歯でも安心して使えますし、こうした耐久性の高さはメタルボンドに似ています。

ただし審美性はメタルボンドよりも高いですし、金属を使用していないため金属アレルギーも起こりません。つまりメタルボンドの強度をさらに高く、メタルボンドの美しさをさらに美しく、メタルボンドの短所である金属アレルギーの問題を解消している、それがジルコニアセラミックの特徴です。

一方、ジルコニアセラミックの短所はオールセラミック同様に費用が高いことです。また、ジルコニアセラミックはセラミックの中でも新しいタイプのため、取り扱っている歯科医院がまだ少ないという問題もあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの種類とそれぞれの特徴についてまとめます。

1. オールセラミックの特徴 :審美性が高く変色もしない。最上位のセラミックだが、その分だけ費用は高い
2. ハイブリッドセラミックの特徴 :安くてお手軽だが、審美性がオールセラミックに劣り、変色もする。
3. メタルボンドの特徴 :耐久性が高く奥歯向き。金属を使用しているため金属アレルギーの対象になる
4. ジルコニアセラミックの特徴 :耐久性が高く、さらにメタルボンドよりも美しい。費用が高いのが短所

これら4つのことから、セラミックの種類とそれぞれの特徴について分かります。
おすすめのセラミックは、患者さんが何を重視するかで決まります。

単に性能の高さで考えるならオールセラミックですが、予算重視ならハイブリッドセラミックですし、奥歯をセラミックにするならメタルボンドやジルコニアセラミックです。自分がセラミックに何を求めるかを考え、それに合った種類のセラミックを選択してください。

PAGE TOP