お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

セラミックのメリットとデメリットを知りたいです|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

セラミックのメリットとデメリットを知りたいです

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「セラミックのメリットとデメリット」です。
最近では詰め物や被せ物にセラミックを希望する人が多く、セラミック治療を受ける人が増加傾向にあります。

とは言え、1つの流行に乗るような気持ちでセラミックにするのはおすすめできません。
と言うのも、セラミック治療はファッションではなく歯科治療ですから、
メリットとデメリットをしっかりと把握した上で治療を決断してほしいのです。

そこで、ここではセラミックのメリットとデメリットについて説明していきます。

セラミックのメリットについて

1-1. 審美性が高い
セラミックの最大のメリットと言えるのが審美性の高さです。
セラミックはただ白いだけでなく、種類によっては天然の歯と同じような光沢まで持っています。
このため、パッと見ただけでは天然の歯と見分けがつかないほどの美しさです。

また、審美性が高まるのは歯だけでなく歯肉にも言えます。
例えば銀歯の場合は長年使用すると金属イオンが溶け出すため、その影響で歯肉が黒く変色してしまいます。
一方セラミックにそういった劣化は起こらないため、歯肉の美しさも維持できます。

1-2. 二次虫歯になりにくい
詰め物や被せ物をした歯に虫歯が再発することを二次虫歯と呼びます。
本来詰め物や被せ物は歯をしっかりと覆って接着されているのですが、
年数が経過して劣化すると接着が弱まり、歯との間に隙間が生じてしまいます。

そうするとその隙間から細菌が入り込み、詰め物や被せ物の奥にある歯が再び虫歯になってしまうのです。
この二次虫歯は銀歯の場合に起こりやすいのですが、セラミックなら予防しやすくなります。
なぜならセラミックはプラークが付着しにくいですし、接着もしっかりしていて隙間が生じにくいからです。

1-3. 金属アレルギーが起こらない
セラミックの材質は陶器ですから、銀歯のように金属を使用していません。
このため、セラミックは金属アレルギーの人でも安心して使用できるメリットがあります。
ただし、これについては全てのセラミックが該当するわけではないので注意が必要です。

セラミックの種類の中にはメタルボンドと呼ばれるタイプのものがありますが、
このメタルボンドはセラミックでありながら一部金属を使用しています。
金属アレルギーを理由にセラミックにするなら、メタルボンド以外の種類を選択してください。

1-4. 長持ちする
詰め物や被せ物は人工物ですから、永久に使用することはできません。
しかし寿命は材質によって差があり、その中でも特に長いのがセラミックです。
銀歯の場合は一般的に3年~5年、レジンの場合は5年ほどが寿命とされています。

一方セラミックは10年以上使用でき、特にオールセラミックはケア次第でさらに長期間の使用が可能です。
また、オールセラミックは使用中に変色などの劣化も起こらないため、
使用している間はずっと美しさを維持できるのです。

セラミックのデメリットについて

2-1. 費用が高い
セラミックは審美目的を兼ねた詰め物や被せ物ですから、健康保険が適用されません。
このため銀歯やレジンに比べて費用が高くなってしまう欠点があります。
ただし、これについてはある程度安く抑えることも可能です。

セラミックには種類があると前述しましたが、その中にはハイブリッドセラミックと呼ばれるものがあります。
ハイブリッドセラミックはレジンが混ざっているので他のセラミックに比べて審美性で劣りますが、
その分費用が安いという特徴もあり、お手軽なセラミックとして位置づけられています。

2-2. 欠けや割れが起こる
セラミックは陶器ですから、単純な強度においては金属である銀歯に劣ります。
実際、あまり強い力で噛んでしまうと欠ける、もしくは割れる事故が起こることがあります。
もちろん充分な強度を誇っていますが、こうした事故が起こり得ることはデメリットと言えるでしょう。

ただしこの問題についても解消は可能です。
金属を使用したメタルボンド、人工ダイヤモンドを使用したジルコニアセラミック、
これらのセラミックなら他のセラミックよりも強度に優れており、奥歯でも安心して使用できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックのメリットとデメリットについてまとめます。

1. セラミックのメリットについて
•審美性が高い :ただ白いだけでなく、天然の歯に近い光沢を持ったセラミックもある
•二次虫歯になりにくい :プラークが付着しにくく、接着もしっかりしているので隙間が生じにくい
•金属アレルギーが起こらない :陶器であるセラミックは金属アレルギーが起こらない(メタルボンドは除く)
•長持ちする :銀歯は3年~5年ほど、レジンは5年ほど、セラミックの寿命は10年以上

2. セラミックのデメリットについて
•費用が高い :健康保険が適用されないので費用が高くなる
•欠けや割れが起こる :強い力で噛むと欠けたり割れたりすることがある

これらのことから、セラミックのメリットとデメリットについて分かります。
セラミックのメリットは審美性の高さではなく、二次虫歯の予防効果などの機能性の高さも挙げられます。
一方デメリットは費用が高いことで、これは健康保険が適用されないのが大きな理由です。
これらのメリットとデメリットを総合した上で、セラミック治療を受けるかどうかを検討してください。

PAGE TOP