お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

セラミックは「審美性が高い」以外にも長所があるのでしょうか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

セラミックは「審美性が高い」以外にも長所があるのでしょうか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「審美性の高さ以外のセラミックの長所」です。
最近は被せ物をセラミックにする人が多く、銀歯が一般的だったのは既に過去の話です。

なぜセラミックにする人が多いのか?…それは、セラミックには銀歯にない長所があるからで、
その最大の長所とも言えるのが「審美性の高さ」です。
では、歯の審美性にこだわる人でなければセラミックにする意味はないのでしょうか。

その答えはノーで、セラミックには「審美性の高さ」以外にも魅力的な長所がいくつかあります。

二次虫歯を予防できる

被せ物に覆われた歯…つまり虫歯治療をした歯が再度虫歯になることを二次虫歯と呼びます。
虫歯治療で削った歯は象牙質が剥き出しになっており、柔らかく脆い状態になっています。
このためすぐに細菌に感染してしまい、それを防ぐために被せ物を立てて処置します。

しかし銀歯は元々歯にくっつかないため専用のセメントで接着させるのですが、
この場合年数経過によって接着が剥がれて被せ物に隙間が生じてしまいます。
そうなると隙間から細菌が入り込み、被せ物に覆われていた歯に虫歯が再発してしまうのです。

このように銀歯は二次虫歯が起こりやすいのですが、セラミックならそれを予防しやすくなります。
なぜならセラミックは表面がツルツルしているのでプラークが付着しにくく、
さらに歯ともピッタリ接着するため隙間も生じにくいからです。

長持ちする

被せ物は天然の歯と違って人工物…ですから永久に使用できるわけではありません。
年数が経過すれば劣化が起こりますし、寿命になったら新品のものに交換しなければなりません。
それについてはセラミックも同様ですが、ただセラミックの寿命は大変長くなっています。

他の材質と比較した場合、銀歯の寿命は一般的に3年~5年が寿命とされています。
そしてレジンの寿命は一般的に5年ほどが寿命とされています。
一方セラミックの寿命は10年以上とされており、ケア次第ではさらに長く使用できるのです。

また、銀歯は年数が経過すると金属イオンが溶け出して歯肉が黒く変色しますし、
レジンも年数の経過によって変色してしまいます。しかしセラミックに至ってはそういう問題はなく、
特にオールセラミックは使用している間はずっと高い審美性を維持し続けられます。

金属アレルギーの心配がない

セラミックの材質は陶器…言わば日常使用している茶碗や湯呑と同じです。
つまり銀歯のように金属を使用していないため、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
ただし、全てのセラミックがこれに該当するわけではないので注意してください。

セラミックにはいくつか種類があり、その中にはメタルボンドと呼ばれるタイプがあります。
メタルボンドは名前のとおり金属を使用したセラミックのため、金属アレルギーの対象になってしまいます。
このため金属アレルギーを理由にセラミックにする場合、メタルボンド以外のタイプを選択しましょう。

ちなみにメタルボンドは金属を使用していることから、セラミックでありながら頑丈である点が長所です。
仮に金属アレルギーでメタルボンドを選択できず、なおかつ頑丈なセラミックを希望する場合、
該当するのは人工ダイヤモンドを使用したジルコニアセラミックになります。

セラミックの短所について

セラミックにする場合、長所だけでなく短所についても把握しておきましょう。
そこで、銀歯と比較した際のセラミックの短所を説明しておきます。

費用が高い

セラミックは自由診療に分類されるため、健康保険が適用されません。
このため銀歯に比べると費用は高くなります。ただし医療控除の対象にはなりますし、
ハイブリッドセラミックと呼ばれる費用が安めに設定されたセラミックも存在します。

割れることや欠けることがある

充分な耐久性は誇っているものの、単純に強度だけで比較すればセラミックは銀歯に劣ります。
それもセラミックは陶器であるため、あまり強い力で噛むと割れたり欠けたりすることがあります。
ただし強度の高いセラミックも存在しており、メタルボンドやジルコニアセラミックがこれに該当します。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、審美性の高さ以外のセラミックの長所についてまとめます。

1. 二次虫歯を予防できる :プラークが付着しにくい材質で、被せ物としての接着もしっかりしているため
2. 長持ちする :銀歯の寿命は3年~5年、レジンの寿命は5年、セラミックの寿命は10年以上
3. 金属アレルギーの心配がない :メタルボンド以外のセラミックは金属を使用していない
4. セラミックの短所について :費用が高い、割れることや欠けることがある

これら4つのことから、審美性の高さ以外のセラミックの長所について分かります。
まとめると、セラミックの最大の長所は「審美性の高さ」です。しかしそれ以外にも「二次虫歯の予防」、
「長持ちする」、「金属アレルギーの心配がない」などの長所があります。
一方短所を挙げると、「費用が高い」、「割れることや欠けることがある」などがあります。

PAGE TOP