お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

中山で小児歯科をお探しの方へ|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

中山で小児歯科をお探しの方へ

お子様の歯を守るための小児歯科

小児歯科では赤ちゃんが生まれてから永久歯が生え揃うまでの期間、お口の治療や予防措置・指導を行います。
対応する範囲は広く、虫歯や外傷の治療だけでなく、歯磨きの指導や食事指導・フッ素塗布なども小児歯科で受け付けています。

稀に「そのうち永久歯に生え変わるから」とお子さんの虫歯をすぐに治療されない親御さんがいらっしゃいますが、専門家としてこれは絶対にNGだとお伝えしたいです。子供のお口は大人以上に繊細で、細菌やその他の外部要因の影響を受けやすく、お子さんのその後の健康や発育にも関わります。

また乳歯の虫歯はその後生えてくる永久歯にも悪い影響を及ぼすことがありますので、放置せずに必ず治療を受けるようにしてください。

繰り返しになりますが、乳歯の時期は細菌が外部の影響をとても受けやすく、同時に今後の成長にとっても大切な時期です。おやつや甘い飲み物の与え方、歯磨きの方法など、周囲の大人の対応によって良くも悪くも大きな影響を受けてしまいます。まずは最も身近な親御様に、子供の虫歯と予防について関心を持っていただき、正しい認識を共有していただけることで間違った子供の健康との向き合い方がなくなるのではと思います。
当院は歯科医院として子供の歯と健康について可能な限りの情報提供や指導を行っておりますので、検診や治療時には気になっていることを遠慮なくご相談いただければと思います。

院長の坂元自身も2人の男の子の父親で、自分自身が患者としても親としても健康と治療について考えてきました。お力になれることがありましたら幸いです。

当院では任意の歯科検診も随時受け付けています。学校や幼稚園での定期検診はあるかと思いますが、子供のお口の中は早ければ1週間で変化していきます。
地域自治体により支援の有無はあるかと思いますが、できる限り1~3ヶ月に一度は定期検診に来ていただければと思います。

なぜ乳歯はむし歯になりやすいのか?

乳歯が虫歯になりやすい理由は次の通りです。

  • 乳歯は大人の永久歯と比べ、エナメル質・象牙質が半分程度しかない
  • 哺乳瓶やお菓子を食べる時間が長くなると同時に、お口の中に糖がある時間も長くなってしまう
  • 乳歯はその後の成長のために歯と歯の間に自然と隙間があり、そこへ食べ物がはさまりやすい
  • 乳歯は歯列がでこぼこしている場合があり、歯磨きの際にブラシがすべての歯に届きにくい場合がある

乳歯の虫歯予防

当院では以下の予防処置も行っています。

フッ素の塗布

フッ素は歯科医学において実際に効果の検証されている予防の一つです。

効果は、むし歯菌の出す酸に溶けにくい歯の質にする事や、むし歯菌の出す酸の量を減らす事等が挙げられます。
フッ素塗布の否定的な見方も一部ありますが、フッ素塗布を周期的に行う事は、むし歯予防に繋がります。

詳しいご説明も行っていますので、ご興味のある方はぜひスタッフにお声がけください。

シーラント処置

歯には複雑で細かい溝があり、特に子供のうちは奥歯の溝が小さく深いです。この部分に食べ物が挟まると、丁寧な歯磨きでもなかなか汚れを落とすことが出来ません。
そこで、溝の中に食べ物やむし歯菌が入り込まないよう、あらかじめ医療用のプラスチックを用いて溝を埋めてしまうのがシーラント処置です。

奥歯の虫歯は見つけにくく、わかったときには進行していることが多いので、できるだけリスクを減らすための対応として、おすすめしています。
もちろん、シーラントをすれば歯磨きが甘くても良いか?と言えば、答えはNOです。シーラントでリスクを低減した上で、更に親御さんの丁寧なケアやサポートを継続し、そして歯科医院での定期的な検診を受けてください。

全ては大切なお子さんの健康で元気な未来のためです。

お子様にも当然、”痛くない治療”を心がけています

大人でも同じですが、子供の治療では特に痛くないか、無理をさせないかが重要だと考えています。
その理由は、一回の治療、特にはじめての体験でつらい思いや怖い思いをすると、良くない印象が残ってしまい、時には歯科恐怖症という大人になっても残る病気になってしまいます。

最終的な目標は、お子さんや親御さんが自分で選んで自分の健康を管理できるようになってもらうことです。当院ではそのために多少時間をかけてでも、まずは歯医者さんになれてもらうところから始めます。
ゆっくりなれてもらうには、まずは痛くないことから歯医者さんに通える習慣作りが大切です。ぜひお痛みや違和感のないうちにお子さんを検診や歯磨き指導でお連れください。当院は決して、治療だけをする場所でなく、地域の健康を一緒に考える存在でありたいと願っています。

PAGE TOP