お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

中山で虫歯治療をお考えの方へ|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

中山で虫歯治療をお考えの方へ

虫歯(むし歯)とは

虫歯はミュータンス菌などの病原菌によって引き起こされる歯の病気です。虫歯菌は私達が食事で摂取する糖を利用して「酸」を作ります。その酸によって歯の表面が溶かされてしまう病気です。お口の中の抵抗力や回復力に個人差はありますが、虫歯菌の数が増えればその分だけ分泌される酸の量も増え、結果として虫歯が進行していきます。
また、歯には多少の傷などは自己修復できる治癒力がありますが、虫歯菌によって深く溶かされてしまうと自然治癒でも元には戻らず、歯が溶けたような状態となってしまいます。

ごく初期の症状を除き、虫歯の治療では患部を削り取ることで治療を行います。虫歯菌が潜む部分はさんによって溶かされ、黒く変色していることもあります。治療を行う際にはまず患部を丁寧に削り取り、その部分を詰めたり、かぶせ物を装着することで治していきます。詰め物には保険適用の銀歯の他に、自由診療の白いセラミックがあります。ご希望の見た目やご予算によって様々な素材をお選びいただけますので、詰め物や被せ物についてもぜひ一度ご相談ください。

また、歯科治療において患者様が感じる痛みの中で、実は麻酔の注射をする際に感じる痛みが特に痛みが強いといわれています。厳密には、麻酔液が患部に注入する瞬間に痛みが出る場合があります。当院では、麻酔の注射時になるべく不快感がなくなるよう、表面麻酔を塗布してから細い麻酔針を使用するなど、痛みの少ない治療を徹底して行っております。

虫歯治療について

むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

C1:エナメル質の虫歯

歯の表面にはエナメル質と呼ばれる歯の中で最も硬い層があります。虫歯菌の出す酸によって、このエナメル質が溶け始めた段階です。
この段階では患者さんご自身でわかるような痛みはなく、ついつい放っておきがちです。
治療では虫歯の部分だけを削り取り、合成樹脂(レジン)を充填します。症状によっては経過観察を行うことも稀にあります。

C2:象牙質に達した虫歯

虫歯がエナメル質を破り、内側にある象牙質に達した状態です。
象牙質はエナメル質に比べて柔らかく、また神経により強い刺激を伝えます。そのためむし歯の進行が早まるとともに、痛みなどを感じ始めます。痛みの要因は食べ物などで露出した象牙質が刺激される場合や、虫歯そのものが原因となって起こる場合があります。通常歯はエナメル質で守られており過度な痛みや刺激は感じません。もし違和感や痛みを感じたなら、何らかの異常がある場合がほとんどです。放っておかず、必ずご相談ください。

C1と同様に合成樹脂(レジン)での修復が中心です。しかし、この段階では患部が大きく広がっていることもあるので、保険適用の銀歯や見た目が気になる部分では自由診療のセラミックで修復する場合もあります。いずれの場合も見た目のご希望やご予算に合わせてご提案しますので、まずは違和感や痛みについて一緒に考えていきましょう。

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

虫歯が更に進行すると、象牙質先にある歯髄と呼ばれる部分に達します。歯髄は次の通り、歯の髄(ずい)で、小部分に血管や神経が詰まっています。当然この段階では激痛をともなう場合が多く、血管を通して全身に虫歯菌やその他の雑菌の毒素が全身を回ります。
治療を行う際にはまず、強い痛みや急性症状の対処を行い、続いて神経を除去する抜髄処置(ばつずいしょち)を行います。当院ではなるべく歯そのものや歯の神経を残すように治療を行っていますが、この段階まで進行してしまうと、歯の神経を残すことのほうが健康上のリスクとなる場合があります。大変難しい判断ですが、ドクターと相談の上、治療方針を決めていきましょう。

一般的には歯髄を取ってしまった歯はもろくなります。強い力が加わると割れたり折れたりする可能性が高くなり、少なくとも治療前の同じ力で噛むことは難しくなります。なるべく安全に過ごしてもらえるよう、銀歯やセラミックで被せ物を行いますが、そもそもこのような状態になる前に、予防治療で患者さんを守りたいというのが私達歯科医師の本音です。
検診や予防歯科でのご相談も歓迎です。ご興味のある方は一度ご相談ください。

C4:歯質が失われた虫歯

目に見える部分がが溶けて無くなり、歯茎の下に隠れている根の部分だけが残っている状態です。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は、残念ですが根の部分ごと抜歯となります。

歯を抜いてしまうと食事や発音、その他健康上の様々な問題に繋がりますので、必ず入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで機能回復を目指します。

繰り返しになりますが、私達にとっても歯を削る、抜くというのはとても苦しい決断です。(とても気軽にできるものではありません。)
歯を抜く・削るほうがいいという患者さんもきっといらっしゃらないと思いますので、できれば悪くなる前、特になにもないうちに定期検診や予防メンテナンスを受けていただけますと幸いです。
当院では検診や予防での通院を随時受け付けていますので、ぜひ痛みや違和感がない時にもお問い合わせください。

無痛歯科治療

無痛治療はドクターの優しさです。

歯医者さんでの治療と言えば多くの方が『キーン』という音と不快な痛みを想像されると思います。
現在の歯科治療で100%の無痛治療はあり得ないのですが、治療する側(ドクター)の治療方法や技術によって差は出てくる事も事実です。
最先端の麻酔治療、虫歯治療は私の得意分野の一つでもあります。
治療をするにあたって、患者様の身になって優しい治療を行う事が無痛治療に大変重要である事はわかっております。

当院では女性やお子様も多く来院されます。それは私達が痛みを無くす治療を常に心がけている現れであると確信しております。

ただ、いくら気をつけていても痛みを感じさせてしまう場合もあります。
ちょっとでも『痛いかな?』『痛くなりそう』と感じたらご遠慮なく右手を上げてください。
なかには遠慮されて我慢される患者様もいらっしゃいます。ひだまり歯科医院は痛みに気を使う医院です。ご遠慮なく。

ごあんない

使用する材料によっては保険が効かない場合もありますので、詳しくはスタッフまでお尋ねください。

PAGE TOP