お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

緑区で口腔外科をお探しの方へ|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

緑区で口腔外科をお探しの方へ

口腔外科(こうくうげか)とは?

虫歯や歯周病を除く、口内の疾患(親知らずの抜歯や口内炎、顎関節症等)や口、顎の外傷(交通事故で歯が抜けた、顎変形症等)を対象とする様々な症状の処置を行う診療科目です。

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎が鳴る、痛みや口が大きく開かないなどの機能低下が見られます。
また、肩こり・頭痛・難聴・めまい・食欲不振などの症状が出てくる可能性もあり、生活に支障をきたします。
原因は顎の関節周りの何らかに問題があると言われています。

治療方法としては、生活習慣病的な部分(睡眠障害、急激なストレス、頬杖、猫背など)が大きいため、歯ぎしりや偏咀嚼などの悪習癖や取り除く、患者自身が行うセルフケアが中心となります。
その他の治療方法としては、薬物療法、原因 となる噛み合せの矯正、関節腔内を洗浄、内視鏡下での外科的手術などです。

親知らずの抜歯

親知らずとは、一般的に17~30歳頃に生えてくる奥歯の中で最も後ろに位置する、前歯から数えて8番目の歯のことです。個人差はありますが、最後に生えてくる永久歯のため、正常に生えるスペースがなく横や斜めに傾いたり、顎の骨の中に埋まったまま生えてこない場合があります。

横や斜め、中途半端に生えてきてしまう親知らずは腫れたり隣の歯まで虫歯になることが多く、口臭や顎関節症トラブルの原因になりがちですので、抜歯した方が良いでしょう。

PAGE TOP