お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

銀歯を使っていますが、セラミックに変えてもらうことはできるのでしょうか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

銀歯を使っていますが、セラミックに変えてもらうことはできるのでしょうか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「銀歯をセラミックに交換することについて」です。
「詰め物や被せ物=銀歯」…これはもう以前のイメージです。

最近では銀歯ではなくセラミックを希望する人が増加傾向にあり、
審美歯科だけでなく一般歯科でもセラミック治療を行っているくらいです。
では、既に銀歯を使用している人がセラミックに交換することはできるのでしょうか。

セラミック治療について

セラミック治療とは詰め物や被せ物をセラミックにする治療で、
既に銀歯を使用している人がセラミックに交換するケースもこれに含まれます。
つまり今回のテーマに回答すると、銀歯を使用している人がセラミックに交換することは可能です。

ただし、今まで銀歯を使用していた場合はそれがセラミックに変わるわけですから、
単に詰め物や被せ物の素材が変わるだけでなく、様々な面で今までとの違いが出てきます。
その中にはメリットと言える部分が多くありますが、一方でメリットがあることも知っておかなければなりません。

セラミックにするメリット

今回のテーマは銀歯からセラミックに変えることですから、
その点を考えて銀歯と比較した上でのセラミックのメリットを挙げていきます。

・見た目が美しい
セラミックの最大のメリットは審美性の高さです。銀歯と違ってセラミックは白く、
しかもただ白いだけでなく天然の歯に近い白さ、さらに光沢まで持っています。
パッと見ただけでは天然の歯と見分けがつかないほどです。

・長持ちする
銀歯は使用しているといずれ寿命になりますが、セラミックもそれは同じです。
しかし寿命の長さには大きな差があります。
銀歯は3年~5年ほどが寿命とされていますが、セラミックは10年以上使用できます。

・金属アレルギーが起こらない
セラミックの材質は陶器ですから、銀歯のような金属とは違います。
このため、金属アレルギーの人でもセラミックなら安心して使用できます。
ただし、メタルボンドと呼ばれるタイプはセラミックでありながら金属も使用しているので注意してください。

・歯肉の美しさも維持できる
セラミックにすることで美しくなるのは歯だけではありません。
銀歯は年数経過によって金属イオンが溶け出し、その影響で歯肉が黒く変色してしまいます。
一方セラミックは金属を使用していないのでそのような問題は起こらず、歯肉の美しさを維持できます。

・二次虫歯になりにくい
銀歯はプラークが付着しにくく、さらに歯との間に隙間も生じやすい欠点があります。
このため詰め物や被せ物で覆われた患部に細菌が入り込みやすく、二次虫歯を引き起こしてしまいます。
一方セラミックはツルツルしているのでプラークが付着しにくく、
さらに歯との間に隙間も生じにくいので二次虫歯を予防しやすくなっています。

セラミックにするデメリット

銀歯からセラミックに変えると上記のようなメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。

・費用が高い
セラミックは銀歯のように健康保険が適用されないため、費用は高くなります。
ちなみに、銀歯からセラミックに変える場合もセラミックの費用が掛かります。
セラミックは種類によって費用が異なりますが、どの種類を選択しても銀歯に比べて高額です。

・欠けることがある
陶器であるセラミックは、強度においては金属である銀歯に劣ります。
特に力の掛かる奥歯だと、あまり強い力で噛むとセラミックは欠けてしまうことがあります。

<強度に優れたセラミックの存在>
セラミックの強度は問題ないものの、欠けてしまうことがあるのは事実です。
最も、セラミックの種類の中には強度に優れたものもあります。
メタルボンドは金属を使用しているため、金属の強度を兼ね備えたセラミックです。

さらにジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しているため、
硬すぎると表現されるほど強度に優れています。
これらの種類のセラミックなら、奥歯でも安心して使用できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯をセラミックに交換することについてまとめます。

1. セラミック治療について :既に銀歯を使用している人がセラミックにすることも可能
2. セラミックにするメリット :見た目が美しい、長持ちする、金属アレルギーが起こらないなど
3. セラミックにするデメリット :費用が高い、欠けることがある(ただし強度に優れたセラミックも存在する)

これら3つのことから、銀歯をセラミックに交換することについて分かります。
銀歯をセラミックに交換することを希望する人は、おそらく審美性の高さを理由にしていると思います。
しかしセラミックのメリットから分かるとおり、セラミックは審美性だけでなく機能性においても優れています。

特に二次虫歯の予防の効果の高さは自分の歯を守ることにつながりますし、
金属アレルギーの人にとってはその対象にならないことも大きなメリットになるでしょう。
つまりセラミックは見た目だけでなく、詰め物や被せ物の材質としても大変優秀な特徴を持っているのです。

PAGE TOP