お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

目立たない奥歯の被せ物なら、セラミックにこだわる必要はないですか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

目立たない奥歯の被せ物なら、セラミックにこだわる必要はないですか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「奥歯をセラミックにする必要性」です。
最近は被せ物にセラミックを希望する人が多いですが、その理由は審美性の高さにあります。

以前は被せ物と言えば銀歯が一般的でしたが、銀歯は費用が安いものの審美性は低く、
ホワイトニングをはじめとした審美治療が注目されている今、被せ物の見た目にもこだわる人が多いのです。
では奥歯の場合はどうでしょうか?…目立たない奥歯の被せ物をセラミックにする意味はあるのでしょうか。

奥歯の銀歯は意外に目立つ

まず知っておいた方が良いのは、奥歯の銀歯は意外に目立つということです。
そもそも銀歯は文字どおり銀色の被せ物ですから、
白い歯の中に銀歯が混ざっているというだけで目立ちます。

また、奥歯を銀歯にすることでどうしても見られたくない気持ちが働き、
会話の時に口を開けて笑顔を見せられないなどのコンプレックスを招きます。
このように、例え奥歯でも銀歯の被せ物は目立ってしまうのです

「審美性の高さ」以外のセラミックの価値

奥歯の被せ物をセラミックにする必要がないと考える人は、
奥歯なら目立たないから…つまり目立たない箇所を美しくする必要はないからという考えです。
最も、それはセラミックの価値が「審美性の高さ」のみの場合に言えることでしょう。

しかし実際にはそうではなく、セラミックの価値は「審美性の高さ」だけではありません。
それ以外にもセラミックにはいくつかの価値…すなわちメリットがあるのです。
ちなみに、セラミックのメリットには次のようなものがあります。

二次虫歯を予防できる

被せ物をした歯が再び細菌に感染すると虫歯が再発し、これを二次虫歯と呼びます。
銀歯はこの二次虫歯になるケースが非常に多いのですが、セラミックにすることで予防しやすくなります。
これはセラミックがツルツルしていてプラークが付着しにくく、さらに被せ物にも隙間が生じにくいからです。

身体に優しい

セラミックの材質は陶器であり、日常で使用している茶碗や湯呑みと同じです。
つまり金属を使用しておらず、そのため金属アレルギーの心配がなく材質的にも身体に優しくなっています。
ただし全てのセラミックがこれに該当するわけではなく、メタルボンドは一部金属を使用しています。

長持ちする

被せ物は年数が経過することで劣化していき、やがて寿命になると新品のものへの交換が必要です。
これはセラミックも例外ではないですが、寿命の長さは銀歯に比べて遥かに長くなっています。
銀歯は一般的に3年~5年ほどで寿命になりますが、セラミックはその倍…つまり10年以上使用可能です。

歯肉の美しさも維持できる

銀歯は年数が経過すると金属イオンが溶け出し、その影響で歯肉が黒く変色してしまいます。
一方、金属を使用しないセラミックならそのような問題は起こりません。
このため、セラミックにすることで歯(被せ物)だけでなく歯肉の美しさも維持できるのです。

…セラミックは「審美性の高さ」以外にもこのようなメリットがあるため、
例え目立たない奥歯でもセラミックにする意味はあるのです。

奥歯にセラミックを使用することの心配

奥歯が噛んだ時に最も力の掛かる箇所で、そのため被せ物にも高い耐久性が求められます。
その点を考えると、陶器であるセラミックは心配という声も少なくありません。
確かに、強い力の掛かる奥歯をセラミックにすることで割れる心配をするのは最もかもしれません。

この意見についてお答えすると、そもそもセラミックは充分な耐久性を誇っているため、
あまり強く噛みすぎるなどの行為をしなければ簡単に割れることはありません。
また、セラミックの種類として次の2つのいずれかを選択するのもおすすめです。

メタルボンド

外見はセラミックですが、見えない箇所に金属を使用しています。
このためセラミックの美しさを誇りつつ、金属の耐久性の高さを兼ね備えています。
角度によっては金属が見えてしまうため、他の種類のセラミックに比べると審美性は劣ります。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しており、耐久性の高さがメリットのセラミックです。
金属を使用していないためメタルボンドのように金属アレルギーが起こらず、
さらにメタルボンドよりも高い審美性を誇ります。ただし、その分費用が高いのが欠点です。

…これらの種類のセラミックは耐久性が高く、奥歯をセラミックにする際におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、奥歯をセラミックにする必要性についてまとめます。

1. 奥歯のセラミックは意外に目立つ :白い歯の中に銀歯が混ざっているのは例え奥歯でも目立つ
2. 「審美性の高さ」以外のセラミックの価値 :二次虫歯を予防できる、身体に優しい、長持ちするなど
3. 奥歯にセラミックを使用することの問題 :割れる心配はメタルボンドやジルコニアセラミックで解決できる

これら3つのことから、奥歯をセラミックにする必要性について分かります。
セラミックのメリットを「審美性が高い」のみと考えてしまうと、
奥歯をセラミックにする必要性はないように思えるかもしれません。
しかし奥歯は意外に目立ちますし、何よりセラミックのメリットは他にもあるのです。
それらのメリットを考えると、奥歯でもセラミックする意味があることが分かります。

PAGE TOP