お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

ハイブリッドセラミックとは何ですか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

ハイブリッドセラミックとは何ですか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「ハイブリッドセラミックの説明」です。
セラミックにはいくつか種類があり、どの種類のセラミックにするのかを決めるのは患者さんです。

このためセラミック治療を希望する人は、セラミックの種類とそれぞれの特徴を知っておくことが大切です。
具体的にはオールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミックの4種類ですが、
今回はその中からハイブリッドセラミックについての説明をしていきます。

セラミックの中で最もお手軽なタイプ

ハイブリッドセラミックの特徴を一言で表現すると「お手軽なセラミック」です。
ハイブリッドセラミックは、ハイブリッドの名が示すとおり100%セラミックのタイプではなく、
ハイブリッドとレジンが混ぜ合わさってできているのです。

このため、100%セラミックであるオールセラミックに比べて費用が安く、
その意味で「お手軽なセラミック」と位置付けられています。
ただしお手軽な以上、審美性や機能性において他のセラミックに劣る部分もあります。

ハイブリッドセラミックの長所

ハイブリッドセラミックの長所をまとめると、レジンが混ざっていることが長所につながっています。
まず費用が安いこと…上記でも説明しましたが、本来セラミックは高額な費用が掛かります。
その点ハイブリッドセラミックはレジンが混ざっているため、その分費用が安く設定されています。

もう1つの長所は柔軟性…これもレジンが混ざっているからこその長所です。
セラミックの材質は陶器ですが、ハイブリッドセラミックではレジン…つまりプラスチックが混ざっています。
このため他のセラミックに比べて柔軟性を持っており、隣接する歯を傷つけることが少ないのです。

ハイブリッドセラミックの短所

ハイブリッドセラミックの短所をまとめると、長所同様にレジンが混ざっていることが短所につながっています。
まず審美性の問題…もちろん銀歯に比べれば遥かに高い審美性を誇りますが、
100%セラミックのオールセラミックなどに比べると見劣ります。

また、セラミックは長年使用しても変色が起こらないと言われていますが、
ハイブリッドセラミックの場合はそうでもありません。
これもレジンが混ざっている影響で、ハイブリッドセラミックは長年使用すると変色が起こります。

ハイブリッドセラミックと健康保険

2014年の4月以降、ハイブリッドセラミックに健康保険が適用されるようになりました。
ただし、従来のハイブリッドセラミックにそのまま健康保険が適用されるわけではありません。
まず、健康保険適用のハイブリッドセラミックは従来のものに比べて審美性と耐久性が劣ります。

さらに治療対象の歯の箇所も限定されている上、対応できる歯科医院も少なくなっています。
このため、現状では健康保険適用のためには不自由な部分がいくつかあります。
中には「健康保険でセラミック治療ができます」と告知している歯科医院がありますが、
それはこのハイブリッドセラミックのことを意味していると思われます。

その他の種類のセラミック

今回はハイブリッドセラミックについて説明してきましたが、
実際には他にオールセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミックがあります。
簡単ではありますが、これらの特徴についても以下で説明していきます。

・オールセラミック
100%セラミックのタイプで、審美性と機能性においてセラミックの中でも最上位に位置します。
光沢のある白さは天然の歯と見分けがつかないほど美しく、さらに長年使用しても変色することがありません。
ただし、最上位に位置するタイプだけあって費用が高額なのが欠点です。

・メタルボンド
見えない裏側が金属になっているタイプです。一部金属を使用していることで金属ならではの硬さがあり、
他のセラミックに比べて欠けや割れが起こりにくいのが特徴です。
ただし、金属アレルギーにとってメタルボンドはアレルギーの対象になってしまいます。

・ジルコニアセラミック
人工ダイヤモンドを使用した新しいタイプのセラミックです。
メタルボンドの後継的存在と呼ばれており、セラミックの中でも特に頑丈で硬いです。
さらに審美性も高いですが、オールセラミック同様に費用が高額なのが欠点です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ハイブリッドセラミックの説明についてまとめます。

1. セラミックの中で最もお手軽なタイプ :レジンが混ざっているため、費用が安めに設定されている
2. ハイブリッドセラミックの長所 :費用が安い、柔軟性があって隣接する歯を傷つけにくい
3. ハイブリッドセラミックの短所 :審美性はオールセラミックに劣り、長年使用すると変色する
4. ハイブリッドセラミックと健康保険 :健康保険適用となるハイブリッドセラミックも存在する
5. その他の種類のセラミック :オールセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら5つのことから、ハイブリッドセラミックの説明について分かります。
ハイブリッドセラミックがおすすめなのは、「審美性の高さを安く手に入れたい」と考えている人です。
オールセラミックやジルコニアセラミックに比べれば審美性が劣るものの、
銀歯に比べれば充分美しいですし、セラミックの中でも最もお手軽なタイプと言われています。

PAGE TOP