お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

セラミックの中でどれがおすすめですか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

セラミックの中でどれがおすすめですか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。今回のテーマは「おすすめのセラミックについて」です。セラミックは銀歯と違い、材質そのものにいくつかの種類があります。

ですからセラミックにするのであれば、どのセラミックにするのかも決めなければなりません。このように種類がある以上、患者さんとすれば歯科医がおすすめするセラミックを選択したいと思うでしょう。そこで、今回はおすすめのセラミックについて説明していきます。

おすすめのセラミックについて

おすすめのセラミックは、患者さんがセラミックに対して何を重視するのかで決まるため、一概に「〇〇なセラミックがおすすめ」と言うものはありません。そして、セラミックの種類を選択する上でポイントとなるのが次の3つです。

選択のポイントその1. セラミックに共通するメリットから判断
セラミックに共通するメリットをまとめると、次のようになります。

<メリット>
・見た目が美しく審美性が高い
・接着がしっかりしているため二次虫歯が起こりにくい
・保険診療である銀歯に比べて材質的に長持ちしやすい
・セラミックは陶器のため、金属アレルギーが起こらない

…これらは全てのセラミックに共通するメリットですが、程度に差があります。例えばどのセラミックも審美性は高いですが、具体定な審美性の高さは種類ごとで差があるのです。このため重視するメリットを考え、そのメリットがより際立つセラミックを選択するのも一つの方法です。

選択のポイントその2. セラミックに共通するデメリットから判断
セラミックに共通するデメリットをまとめると、次のようになります。

<デメリット>
・基本的に健康保険が適用されないため費用が高い
・陶器が材質のため、強い力で噛むと欠けたり割れたりすることがある

…これらは全てのセラミックに共通するメリットですが、これもメリット同様に程度に差があります。メリットがより際立つことよりも、デメリットを解消することを優先するのも一つの方法で、これらのデメリットを少しでも解消しているセラミックにするのも良いでしょう。

選択のポイントその3. それぞれのセラミックの特徴から判断
それぞれのセラミックには、それぞれにしかない…つまり独自の特徴があります。これらの特徴を重視するのであれば、そのセラミックを選択しなければならず、つまりそれぞれのセラミックの特徴から判断する方法もあります。

・オールセラミック :審美性も機能性も高いが、その分費用は高い
・ハイブリッドセラミック :費用が安くてお手軽だが、レジンが混ざっているため審美性は劣る
・メタルボンド :金属を使用しているので頑丈だが、金属アレルギーが起こる可能性がある
・ジルコニアセラミック :人工ダイヤモンドを使用しているので頑丈だが、その分費用は高い

…1~3のポイントを総合し、自分に合ったセラミックを選択しましょう。

審美性にこだわる人へ

・おすすめ :オールセラミック

セラミックは元々審美性が高いものの、とことんこだわるのであればオールセラミックがおすすめです。オールセラミックは文字どおり100%セラミックを使用しており、見た目の美しさも他のセラミック以上ですし、年数経過による変色も起こりません。また審美性だけでなく機能性も高く、近年のオールセラミックは耐久性も高くなっています。

耐久性にこだわる人へ

・おすすめ :メタルボンド、ジルコニアセラミック、オールセラミック
メタルボンドは金属、ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドを使用しています。それぞれ耐久性が高いため、奥歯でも安心して使用できます。これらを比較するとジルコニアセラミックの方が優れていますが、その分費用も高くなります。また、オールセラミックも耐久性は高くなっています。

費用を安く抑えたい人へ

・おすすめ :ハイブリッドセラミック
セラミックは費用が高いのがデメリットですが、その中でもハイブリッドセラミックはお手軽です。ハイブリッドセラミックはレジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプで、材質的にはレジンに近いため年数経過による変色も起こってしまいます。しかしその分費用が安く、お手軽なセラミックとして位置づけられています。

金属アレルギーの人へ

・おすすめ :メタルボンド以外(オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニアセラミック)

金属アレルギーの人だと銀歯を使用できないため、やむを得ずセラミックにする人もいるでしょう。その場合、メタルボンド以外のセラミックを選択してください。メタルボンドは中身のフレームが金属になっており、年数経過で劣化すると金属アレルギーを引き起こす可能性があるからです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、おすすめのセラミックについてまとめます。

1. おすすめのセラミックについて :セラミックの特徴の中で何を重視するのかによって決まる
2. 審美性にこだわる人へ :オールセラミックがおすすめ
3. 耐久性にこだわる人へ :メタルボンド、ジルコニアセラミック、オールセラミックがおすすめ
4. 費用を安く抑えたい人へ :ハイブリッドセラミックがおすすめ
5. 金属アレルギーの人へ :メタルボンドは金属を使用しているため、それ以外のセラミックがおすすめ

これら5つのことから、おすすめのセラミックについて分かります。なお、取り合っているセラミックの種類は歯科医院によって異なります。全てのセラミックを取り扱う歯科医院もあれば、その中の一部のみ取り扱う歯科医院もあるため、希望のセラミックがあれば、治療を受ける予定の歯科医院に問い合わせてみると良いでしょう。

PAGE TOP