お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

セラミックだと虫歯が再発しにくいと聞きましたが、それはなぜですか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

セラミックだと虫歯が再発しにくいと聞きましたが、それはなぜですか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由」です。
セラミックを希望する人の全てが、審美性向上を理由にしているわけではありません。

歯の健康のためにセラミックを希望する人も多く、なぜならセラミックには二次虫歯を予防しやすいメリットがあるからです。
では、なぜセラミックだと二次虫歯を予防しやすくなるのでしょうか。

二次虫歯の原因と症状

二次虫歯とは再発した虫歯のことで、二次カリエスとも呼ばれます。
つまり、二次虫歯とは虫歯治療した歯が再度虫歯になることを意味しており、大人の虫歯の多くはこの二次虫歯によるものです。

二次虫歯の原因

二次虫歯の原因自体は最初の虫歯と同じく虫歯菌への感染ですが、本来、虫歯治療した歯は詰め物や被せ物で処置されており、細菌が入らないようになっています。
しかし、詰め物や被せ物が劣化すると接着が弱まり、生じた隙間から細菌が入り込んで二次虫歯が起こります。

二次虫歯の症状

二次虫歯の症状は最初の虫歯と同じですが、その特徴から危険度の高い虫歯です。
外見は詰め物や被せ物で処置されているため、そこが虫歯になっていることを目で確認できないですし、神経を除去している場合は痛みも感じないので虫歯を自覚しにくく、そのため進行しやすいのです。

…二次虫歯を繰り返せばその都度治療が必要となり、歯を削る治療を繰り返すことで歯は徐々に失われていきます。
さらに虫歯によっても歯が溶かされるため、二次虫歯の繰り返しは歯を失う要因になります。

セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由

セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由は2つあります。

・プラークが付着しにくい
セラミックの材質は陶器ですから、表面がツルツルした感触になっています。
このためプラークが付着しにくく、衛生面において清潔な状態を維持しやすい特徴があります。
虫歯菌はプラークに含まれているため、それが付着しにくいことで二次虫歯を予防しやすくなります。

・隙間が生じにくい
セラミックは製作の過程で誤差が生じにくく、歯とピッタリ合った精密な詰め物や被せ物を再現できます。
また接着の力も強いため、年数が経過しても接着が剥がれにくい特徴があります。
このため、細菌が入り込むという二次虫歯の原因そのものを防ぎやすくなっています。

セラミックの二次虫歯予防における注意点

セラミックは二次虫歯を予防しやすいのは事実ですが、次の点には注意してください。

・ケアは必要
セラミックが二次虫歯を予防しやすいのは、あくまで毎日のケアを欠かさない前提で言えることです。
いくらセラミックでも一切プラークコントロールをしなければ二次虫歯は予防できず、天然の歯同様に定期検診を含めたしっかりとしたプラークコントロールが必要です。

・セラミックの種類によって予防効果に差がある
セラミックには種類があり、二次虫歯の予防効果の高さはそれぞれのセラミックごとで差があります。
例えば、ハイブリッドセラミックは材質的にレジンとセラミックの中間に位置するため、オールセラミックなどに比べるとプラークが付着しやすくなっています。

セラミックの種類

上記で少し触れましたが、セラミックにはいくつかの種類があります。
患者さんは治療時に好きな種類のセラミックを選択できますが、取り扱う種類は歯科医院によって異なります。
現状セラミックには次の4つの種類があり、それぞれの特徴について簡単にまとめます。

・オールセラミック
文字どおり100%セラミックでできており、他のセラミックと比較して審美性や機能性の高さが特徴です。
ですから性能だけで考慮すればオールセラミックは最もおすすめですが、その分費用が高いのが欠点です。

・ハイブリッドセラミック
レジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプで、材質的にはレジンに近い一面もあります。
年数経過による変色も起こりますが、その分費用が安く、お手軽なセラミックとして位置づけられています。

・メタルボンド
金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプで、耐久性の高さが特徴のセラミックです。
セラミックは金属アレルギーが起こりませんが、メタルボンドはこれに該当しないので注意してください。

・ジルコニアセラミック
人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しており、耐久性の高さが特徴のセラミックです。
耐久性が高い点でメタルボンドと似ていますが、これらは金属を使用しておらず、審美性も高くなっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由についてまとめます。

1. 二次虫歯の原因と症状 :詰め物や被せ物に生じた隙間から細菌が入り込む
2. セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由 :プラークが付着しにくい、隙間が生じにくい
3. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら3つのことから、セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由について分かります。
審美性の高さだけが目立ちがちなセラミックですが、実は二次虫歯を予防しやすいメリットがあり、他にも金属アレルギーが起こらない(メタルボンドを除く)、長持ちしやすいなどのメリットもあります。
つまり、セラミックは審美性だけでなく機能性においても優秀な特徴があるのです。

PAGE TOP