お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

少しでも安くセラミック治療する方法はありますか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

少しでも安くセラミック治療する方法はありますか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「セラミック治療の費用を抑える方法」です。
審美性も高い、機能性にも優れている、そんなセラミックの唯一の欠点となるのが費用の高さです。

なぜならセラミックは銀歯と違って自由診療ですから、基本的に健康保険が適用されません。
とは言え、セラミックにしないとなると残された選択肢は銀歯やレジンとなり、
これらにした場合は審美性と機能性が著しく低下します。

そこで少しでも安くセラミック治療を受けられるよう、セラミック治療の費用を抑える方法をお伝えします。

歯科医院選びにこだわる

セラミック治療に限らず、自由診療の費用は歯科医院ごとで自由に設定できるシステムです。
つまり、同じセラミック治療にしてもその費用は歯科医院ごとで異なるため、
複数の歯科医院で費用を比較して、少しでも費用の安い歯科医院で治療を受ければ良いのです。

最も、ある程度の相場は決まっているため、極端に安くなることはありません。
また、費用の安さだけで歯科医院を選ぶのは歯科医の腕や評判を無視することになってしまうため、
それらの点にも注目した上であくまで総合的に判断するようにしましょう。

医療費控除を利用する

セラミック治療は基本的に健康保険が適用されないものの、医療費控除の対象にはなっています。
医療費控除とは年間の医療費が10万円を超えた場合、納めた税金の一部が返還される制度です。
この制度を利用すれば、セラミック治療の費用を安くすることができます。

ただし注意点が2つあり、1つはレシートや領収書の類の保管が必要という点です。
これは申告時(確定申告の時)にセラミック治療の医療費を証明するものが必要だからです。
もう1つはこの制度の特徴から、セラミック治療を受けたその場では費用が安くならないという点です。

セラミックの種類にこだわる

セラミック治療で使用するセラミックには4つの種類があります。
このためその中で最も安いセラミックを選択すれば、結果的にセラミック治療の費用を安くできます。
ちなみに最も安いのはハイブリッドセラミックで、これはセラミックとレジンが混ざったタイプです。

ただし、セラミックの種類ごとで異なるのは単に費用の差だけではありません。
以下でハイブリッドセラミックを含む全ての種類のセラミックとそれぞれの特徴を説明するため、
仮に他の種類のセラミックが良いと判断した場合は、費用が高くなってもそちらを選択すべきでしょう。

・オールセラミック
文字どおり100%セラミックでできており、セラミックの中で最も審美性が高いタイプです。
年数経過による変色も起こらないため、使用している間はずっと美しさを維持できます。

・ハイブリッドセラミック
上記で紹介した、費用が安くてお手軽なセラミックです。
ただしレジンが混ざっていることで審美性は少々劣り、年数経過による変色も起こります。

・メタルボンド
金属をしているため、セラミックの審美性と金属の耐久性を両立しており、奥歯に使用する際におすすめです。
欠点は見る角度によっては金属が見えてしまうことと、金属アレルギーの対象になることです。

・ジルコニアセラミック
人工ダイヤモンドを使用しているため、メタルボンド同様に耐久性に優れたタイプです。
メタルボンドよりも美しく金属も使用していませんが、その分費用が高いのが欠点です。

…セラミックにはこれら4つの種類がありますが、取り扱っている種類は歯科医院ごとで異なるため、
例えば「当院で選べるのはオールセラミックとハイブリッドセラミックのみ」という歯科医院もあるでしょう。
特にジルコニアセラミックは新しいタイプのため、取り扱っている歯科医院はまだ少なめです。

健康保険を適用する

基本的に健康保険が適用されないセラミック治療ですが、実は健康保険が適用されるケースがあります。
ただし少々特殊なケースであり、結論を言うと全ての方に健康保険が適用されるわけではありません。
このため、「方法4」と言うよりは「例外1」と認識しておいた方が良いでしょう。

と言うのも、セラミック治療で健康保険を適用するにはいくつか基準を満たす必要があり、
その基準として治療対象となる歯の箇所や歯科医院の設備などが含まれます。
健康保険が適用されるのはハイブリッドセラミックのみで、それも従来のものより審美性と耐久性が劣ります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療の費用を抑える方法についてまとめます。

方法1. 歯科医院選びにこだわる :セラミック治療の費用は歯科医院ごとで異なる
方法2. 医療費控除を利用する :セラミック治療の費用は医療費控除の対象になる
方法3. セラミックの種類にこだわる :費用だけで考えれば最も安いのはハイブリッドセラミック
方法4. 健康保険を適用する :少々特殊なケース。いくつかの基準や制限を満たした場合のみ適用される

これら4つのことから、セラミック治療の費用を抑える方法について分かります。
本文内でも説明したとおり「方法4」は少々特殊なケースのため、全ての方に向けた方法ではありません。
このため、確実に実践できる方法としては「方法1」~「方法3」が該当します。

PAGE TOP