お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

銀歯だと健康保険が適用されて、セラミックだと適用されないのはなぜですか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

銀歯だと健康保険が適用されて、セラミックだと適用されないのはなぜですか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。今回のテーマは「セラミックと健康保険適用の有無の説明」です。銀歯とセラミックは材質的に全く異なるものの、歯科治療における用途は同じです。

どちらも詰め物や被せ物として使用しますし、詰め物や被せ物は歯の健康において必要なものです。このため、健康において必要なはずの健康保険が適用されないのは不自然に思う方もいるでしょう。そこで、ここではセラミックに健康保険が適用されない理由について説明します。

健康保険適用の基準

健康保険適用の基準は厚生労働省…つまり国によって定められており、その基準を満たす治療にしか適用されません。ですから、全ての医療において健康保険が適用されるとは限らないということを知っておきましょう。分かりやすい例としては、健康とは無関係の美容に関係する治療です。

・美容整形
・脱毛
・豊胸

…これらはいずれも病気を治すことを目的とした治療ではなく、美容を目的とした治療です。このため、健康目的の治療が対象となる健康保険は適用されないのです。ちなみに、歯科治療で言えばホワイトニングがこうした美容目的の治療に該当します。

ではセラミックはどうでしょうか?
セラミックは詰め物や被せ物として使用するため、健康目的の治療であることは間違いありません。このため健康目的という基準は満たしているものの、1つだけ満たしていない基準があるのです。

それは「最低限の治療」という点です。健康保険適用の基準を簡単に説明すると、「健康目的であり、なおかつそのために必要な最低限の治療」です。セラミックは確かに健康目的ですが、審美性を兼ねていることから必要最低限の治療には該当しません。

つまりまとめると、セラミックは審美性を兼ねているため健康保険適用の対象外になるのです。

セラミックの費用を安くする方法

健康保険が適用されないセラミックですが、費用を安くする方法はあります。

複数の歯科医院で相談する

健康保険が適用されない…すなわち自由診療の費用は歯科医院ごとで異なります。このため複数の歯科医院で相談して、費用の安い歯科医院で治療を受けるのも安くする方法の一つです。ただし治療において最も大切なのは歯科医の腕ですから、費用だけに注目しすぎるのも禁物です。

ハイブリッドセラミックにする

セラミックにはいくつか種類があり、その中で最も安いのはハイブリッドセラミックです。ハイブリッドセラミックはレジンに近い材質のため、年数経過による変色が起こります。元々の審美性もオールセラミックに劣りますが、その分費用が安くお手軽なセラミックです。

医療費控除を利用する

セラミック治療は医療費控除の対象です。その時点で費用が安くなるわけではないですが、確定申告時に税金の一部が返還されるため、実質費用が安くなるのとイコールです。医療費控除を利用するため、セラミック治療の費用を支払った際のレシートなどは必ず保管しておきましょう。

ハイブリッドセラミックと健康保険

2014年に健康保険が改定され、ハイブリッドセラミックに健康保険が適用されるようになりました。ただし、従来のハイブリッドセラミックに健康保険が適用されるわけではありません。まず被せ物に限られているため、詰め物のハイブリッドセラミックに健康保険は適用されません。

さらに、従来のハイブリッドセラミックに比べて審美性と耐久性が劣るものになります。また、健康保険適用のためには次の基準を満たす必要があり、治療を受ける歯科医院の設備、治療対象となる歯が限られています。

・厚生労働省に施設基準の届け出を行い、認可された歯科医院である
・歯科補綴治療に関する専門知識、及び3年以上の経験を持つ歯科医師が在籍している
・厚生労働省の定める歯科用CAD/CAM装置で製作する
・製作する歯科医技工所との連携がとれている
・被せ物のハイブリッドセラミックに限られる

・第1小臼歯(前から4番目の歯)
・第2小臼歯(前から5番目の歯)
・第1大臼歯(前から6番目の歯、金属アレルギーの方のみ)
・第2大臼歯(前から7番目の歯、金属アレルギーの方のみ)
・第3大臼歯(前から8番目の歯、金属アレルギーの方のみ)

…金属アレルギーの方のみ対象となる歯が増えますが、その際は金属アレルギーを証明する診断書などの類が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックと健康保険適用の有無についてまとめます。

1. 健康保険適用の基準 :健康目的で、なおかつ必要最低限の治療において適用される
2. セラミックの費用を安くする方法 :複数の歯科医院で相談する、ハイブリッドセラミックにするなど
3. ハイブリッドセラミックと健康保険 :ハイブリッドセラミックに健康保険が適用されるケースがある

これら3つのことから、セラミックと健康保険適用の有無について分かります。まとめると、セラミックに健康保険が適用されないのは健康保険適用の基準を満たしていないからで、例え健康目的の治療であったとしても、その治療に最低限以上の価値があるなら健康保険は適用されません。その意味では、インプラント治療においても同じことが言えます。

PAGE TOP