お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

セラミックとはどんな治療法で、銀歯とは何が違うのですか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

セラミックとはどんな治療法で、銀歯とは何が違うのですか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「セラミックの銀歯との違い」です。
詰め物や被せ物は銀歯が一般的でしたが、ここ最近セラミックを希望する方が増えています。

もちろんセラミックについて歯科医に相談し、調べた結果セラミック治療を希望する方もいるでしょう。
しかし一方で、ただ流行しているというだけの理由でセラミック治療を希望する方も多く、
ここではセラミックについてもっと知ってもらうため、銀歯との違いを交えて説明していきます。

セラミック治療とは

まずセラミック治療についての説明ですが、これは特別な治療方法というわけではありません。
私達は虫歯治療をした際、最終的に詰め物や被せ物で処置しますが、
そんな詰め物や被せ物をセラミックのものにするのがセラミック治療です。

つまり、銀歯ではなくセラミックの詰め物や被せ物を入れることをセラミック治療と呼んでおり、
既に銀歯を使用している方がセラミックのものに交換することも同様にセラミック治療と呼びます。
セラミックは銀歯と違って審美目的も兼ねているため、セラミック治療は審美歯科でも受けられます。

では次に、セラミックは銀歯と比べてどう違うのかを以下で説明していきます。

審美性が高い

これがセラミックの最大の特徴でもありますが、銀歯と最も違う点は美しさ…つまり審美性の高さにあります。
セラミックは天然の歯と変わらないほど白く、また天然の歯に近い光沢も持っており、
パッと見ただけでは天然の歯なのかセラミックなのか…見分けがつかないという方も多いくらいです。

目立つ銀歯は美しいとは言えないですし、
それが理由で人の前では笑顔を見せられない方も少なくありません。その点セラミックは美しいですから、
銀歯のコンプレックス解消を理由にセラミック治療を希望する方も多いですね。

二次虫歯を防ぎやすい

銀歯というのは言わば虫歯の治療跡ですが、治療した歯に虫歯が再発することを二次虫歯と呼びます。
治療した削った歯は象牙質が剥き出しになっていてやわらかく、細菌に感染しやすい状態にあります。
このため詰め物や被せ物で患部を覆い、患部を細菌の感染から守っているのです。

しかし銀歯は劣化しやすく接着も剥がれやすいため、使用するにつれて歯との間に隙間が生じてしまいます。
そうなるとそこから細菌が入って二次虫歯が起こってしまうのです。
その点セラミックは歯としっかり接着する上にプラークも付着しにくいため、二次虫歯を予防しやすいのです。

長持ちする

セラミックも銀歯も人工物ですから寿命がありますが、肝心の寿命の長さには大きな差があります。
ケアにもよりますが銀歯の寿命は一般的に5年ほどで、寿命が近くなることで金属イオンも溶け出してきます。
さらに接着も弱まってくることから、歯との間に隙間が生じて二次虫歯を招いてしまいます。

一方セラミックの寿命は10年以上で、オールセラミックにおいては15年以上使用することも可能です。
使用している間は変色や接着の剥がれといった劣化も起こらず、
寿命がくるまでの間は美しいまま使用し続けることができるのです。

金属アレルギーが起こらない

セラミックの材質は文字通り陶器であり、金属は使用されていません。
このため、金属アレルギーの方でも安心して使用することができます。
ただし、金属を使用していないのはあくまで100%セラミックやレジンを混ぜたタイプです。

セラミックの中には一部金属を使用しているものもあるため、
全てのセラミックが金属アレルギーの非対象というわけではありません。
このため、金属アレルギーを理由にセラミックにする方はその旨を歯科医に伝え、
金属を使用していないセラミックを選択するようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックと銀歯との違いについてまとめます。

1. セラミック治療とは :詰め物や被せ物をセラミックにする治療で、審美治療に含まれる
2. 審美性が高い :ただ白いだけでなく、天然の歯に近い光沢のある白さを再現している
3. 二次虫歯を予防しやすい :歯としっかり接着する上にプラークも付着しにくく、二次虫歯を予防しやすい
4. 長持ちする :銀歯は一般的に5年ほどで寿命になるが、セラミックなら10年以上使用できる
5. 金属アレルギーが起こらない :セラミックの素材は陶器なので金属アレルギーとは無関係

これら5つのことから、セラミックと銀歯との違いが分かります。
ここで挙げた違いは、銀歯と比較した際のセラミックの長所でもあります。
しかし、逆に短所があることも知っておかなければなりません。

そこで銀歯と比較した際のセラミックの短所にも触れておくと、セラミックの短所は費用が高いことです。
これはセラミック治療には健康保険が適用されないことが理由となっています。
とは言え、これだけの長所を持ったセラミックは費用に見合った価値があることも事実です。

PAGE TOP