お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

セラミックは二次虫歯になりにくいと聞きました。では歯周病はどうですか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

セラミックは二次虫歯になりにくいと聞きました。では歯周病はどうですか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。今回のテーマは「セラミックの歯周病予防の効果について」です。セラミックの特徴の一つして、「二次虫歯を予防しやすい」があります。

しかしその一方で「歯周病を予防しやすい」と聞くことはなく、と言うことは歯周病予防においてはセラミックに特別な効果はないのでしょうか。そこで、ここではセラミックと歯周病予防をテーマにした説明をしていきます。

セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由

セラミックの歯周病予防の効果を説明する上で、まず知っておいてほしいのが二次虫歯を予防の効果です。そもそも、なぜセラミックは二次虫歯を予防しやすいのでしょうか。二次虫歯とは虫歯の再発で、詰め物や被せ物に生じた隙間に細菌が入り込むことで起こります。

ここで問題なのが銀歯です。銀歯は元々歯と接着しないため、特別なセメントで接着させています。このため劣化すると接着が剥がれてしまい、細菌が入り込む隙が生まれます。また銀歯自体プラークが付着しやすいため、銀歯周辺に細菌が溜まりやすいのも問題の一つです。

一方セラミックは、このような銀歯の欠点が全て解消されています。材質的にツルツルしているためプラークが付着しにくいですし、歯と接着しやすく製作の過程での誤差も少ないため、サイズがピッタリ合って隙間が生じにくいのです。

セラミックの歯周病の予防効果

上記の説明から、セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由は次の2つであることが分かります。

・プラークが付着しにくい
・歯との間に隙間が生じにくい

歯周病は歯の骨の病気ですから、「歯との隙間が生じにくい」はそれほど関係ありません。ただし「プラークが付着しにくい」はセラミック周辺の細菌の蓄積を防げるため、歯周病予防にもなるでしょう。しかし歯周病予防につながる点はそれのみになるため、二次虫歯ほど大きな予防効果はありません。

ですから銀歯と比較した場合、「プラークが付着しにくい点で銀歯よりは歯周病を予防しやすいものの、予防効果自体は二次虫歯ほどではない」というのが結論になるでしょう。このため、歯周病を予防するにはセラミックに頼るのではなく、正しい予防方法を実践しなければなりません。

歯周病の予防方法

歯周病を予防するには、次の3つのことを実践するのが効果的です。もちろん100%予防できるとまでは言えないものの、全て実践すれば大抵の歯周病は予防できますし、例え歯周病になったとしても歯を失うほど重症化することはないでしょう。

予防方法1. 効率良くプラークを除去する歯磨きの実践

歯磨きは歯周病予防の基本ですが、ただ磨いているだけでは予防として不充分です。効率良く多くのプラークを除去できてこそ、歯周病予防のための歯磨きと言えます。つまり精密な歯磨きが必要であり、そのため歯磨きには次の方法を取り入れましょう。

・予防歯科や定期検診でブラッシング指導を受ける
・デンタルフロスや歯間ブラシを使う
・プラークテスターで磨き残しをチェックする

予防方法2. 生活習慣を改善する

歯周病は生活習慣病であり、日常生活の中に発症のリスクを高める要因がいくつもあります。そこで生活習慣を見直して改善し、歯周病になりにくい身体作りをしましょう。具体的には次のような改善が効果的です。

・タバコを吸っている人は禁煙する
・疲労やストレスを解消して身体の免疫力を高める
・食生活を改善して糖の摂取を控える

予防方法3. 定期検診を受ける

定期検診では歯のクリーニングを行うため、プラークや歯石を綺麗に除去できます。またブラッシングや生活習慣改善のアドバイスにより、上記の予防方法を実践する上で効果が高まります。さらに歯科医が口腔内の健康状態を確認するため、歯周病の早期発見と早期治療が可能です。

…歯周病を予防するにはこれら3つの方法を全て実践するのが確実です。ちなみに定期検診は半年に一度くらいの頻度で受けるのがおすすめです。

セラミックの価値

ここまでの説明で分かるとおり、セラミックは歯周病の予防において特別な効果があるわけではありません。ではセラミックにする意味はないのか?…そんなことはありません。仮に歯周病予防のみ重視したいなら別ですが、セラミックには次のようなメリットがあります。

・審美性が高く見た目が美しい
・二次虫歯を予防しやすい
・保険診療の銀歯に比べて材質的に長持ちしやすい
・金属アレルギーが起こらない(メタルボンドは除く)

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの歯周病予防の効果についてまとめます。

1. セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由 :プラークが付着しにくく、接着も剥がれにくいため
2. セラミックの歯周病の予防効果 :プラークが付着しにくい点では銀歯よりも予防しやすい
3. 歯周病の予防方法 :精密な歯磨き、生活習慣を改善する、定期検診を受ける
4. セラミックの価値 :審美性が高い、二次虫歯を予防できる、長持ちするなどのメリットがある

これら4つのことから、セラミックの歯周病予防の効果について分かります。プラークが付着しにくい点では銀歯より予防しやすいものの、セラミックは歯周病予防に特化しか材質と言うわけではありません。

しかし、審美性の高さや二次虫歯の予防のしやすさなど、セラミックは銀歯にはないメリットが多くあります。歯周病を予防するにはセラミックに頼らず、精密な歯磨きや生活習慣の改善、定期検診の受診などを実践しましょう。

PAGE TOP