お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

セラミックの白さは調節できるのでしょうか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

セラミックの白さは調節できるのでしょうか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。今回のテーマは「セラミックの審美性について」です。歯の色の審美性を損なう要素は2つあり、1つは白くない場合です。

これは言うまでもなく、黄ばんだ歯ではいくら歯並びが良くても美しく見えないですからね。もう1つは色の度合いで、1本だけ色の違う歯があれば、例えその歯が白くても不自然に目立ってしまいます。そこで気になるのがセラミックの白さです。セラミックの白さはその人に合わせて調整できるのでしょうか。

色の調節について

心配しなくても、セラミックの白さは調整可能です。白い歯と言っても白さの程度は人それぞれ異なるため、セラミックにする際は他の天然の歯の色を見て、それらに最も近く自然な色を選択できます。実際、天然の歯が黄ばんでいるのであれば、それに合わせるため同じように黄ばんだセラミックも存在します。

ですからセラミックが他の天然の歯に比べて目立つことはないですし、元々歯が黄ばんで悩んでいるのであれば、セラミック治療に加えてホワイトニングすれば良いのです。色の種類も幅広く用意してあるため、他の天然の歯に限りなく近い色を再現することが可能です。

重要なのはセラミックの種類

セラミックの審美性で重要なのは、色の調節よりもむしろセラミックの種類です。セラミックにはいくつか種類があり、それぞれの種類で元々の審美性の高さが異なります。

オールセラミック

100%セラミックでできているため、セラミックの中で最も高い審美性を再現しています。耐久性が高いので割れにくく、年数が経過しても変色することがありません。審美性、機能性ともに最上位のセラミックですが、そのため費用が高くなるのが欠点です。

ハイブリッドセラミック

レジンにセラミックの微粒子を練り込んだもので、材質的にはレジンに近くなっています。もちろんセラミックの一種のため審美性は高いものの、そのレベルはオールセラミックに劣ります。また年数が経過すると変色しますが、その分費用も安いためお手軽なセラミックです。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプのため、金属アレルギーの対象になる点は注意が必要です。劣化するとセラミックが剥がれて金属が露出するなど、審美性の高さはオールセラミックに劣りますが、金属のフレームを使用している点で耐久性が高く、奥歯をセラミックにする場合におすすめです。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドを使用しているため、メタルボンド同様に耐久性の高さが特徴です。さらにメタルボンドよりも美しく、金属を使用していないため金属アレルギーの対象にもなりません。審美性の高さはオールセラミックに劣りますがそれでも充分美しく、なおかつ割れにくいセラミックです。

…セラミックにはこれら4つの種類が存在し、選択した種類で審美性の高さは決まります。例えばいくら白さが自然でも、それがハイブリッドセラミックならオールセラミックほど美しくはなりません。つまり、審美性に強くこだわるなら、色の調節だけでなくセラミックの種類にもこだわる必要があります。

審美性以外のセラミックのメリット

セラミックにするメリットは「審美性の高さ」が真っ先に挙げられますが、それ以外にもメリットはあります。また、これらのメリットについてもセラミックの種類ごとで差があります。

二次虫歯を予防しやすい

セラミックは材質的に表面がツルツルしているため、プラークが付着しにくくなっています。また、歯とも接着しやすく隙間が生じにくいため二次虫歯が予防しやすくなります。ただしハイブリッドセラミックはレジンに近いため、他のセラミックに比べるとプラークが付着しやすくなります。

長持ちしやすい

詰め物や被せ物としての寿命は毎日のケア次第で大きく変わるため、正確な寿命はお答えできません。しかし、自由診療となるセラミックは材質的に長持ちしやすくなっています。特にオールセラミックは長持ちするだけでなく変色も起こらず、使用している間は美しさを維持できます。

金属アレルギーが起こらない

セラミックの材質は陶器ですから、金属アレルギーが起こりません。このため、金属アレルギーを理由に銀歯にできない人でもセラミックなら安心して使えます。ただしメタルボンドは金属を使用しているため、全てのセラミックがこれに該当するわけではありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの審美性についてまとめます。

1. 色の調節について :可能。自分の歯の色に限りなく近い色に調節できる
2. 重要なのはセラミックの種類 :審美性は色の調節よりもセラミックの種類で決まる
3. 審美性以外のセラミックのメリット :二次虫歯を予防しやすい、長持ちしやすいなど

これら3つのことから、セラミックの審美性について分かります。人工物の色の調整ができることはむしろ普通で、例えば入れ歯の歯肉でも色の調節が可能です。しかし保険診療の場合は選択できる色の幅が少なく、そのため妥協しなければならない部分もあります。その点セラミックは自由診療ですから選択できる色の幅が多く、自分の歯に限りなく近い白さに調節可能です。ですから、セラミックの審美性において重要なのは色の調節よりもセラミックの種類でしょう。

PAGE TOP