お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点を教えて下さい|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点を教えて下さい

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「セラミックの利点」です。
詰め物や被せ物は材質を選ぶことができますが、多くの患者さんが銀歯かセラミックかで悩みます。

言うまでもなく見た目が美しいのはセラミックですが、その一方で費用が安いのは銀歯です。
最も、セラミックの利点は見た目の美しさだけではありません。
そこで、見た目の美しさも含めてセラミックの利点を挙げていきます。

審美性が高い

冒頭で触れたセラミックの利点です。
セラミックは見た目が美しく、それもただ白いだけでなく光沢のある自然な白さをしています。
このため、天然の歯と比較してもパッと見ただけはセラミックと分からないほどの美しさを誇ります。

そして、本来隠したいはずの詰め物や被せ物が美しくなることは、コンプレックスの解消にもつながります。
<何しろ、銀歯を使用している方の中にはそれを見られたくないあまり、
会話や笑顔を見せることに躊躇する方もいるでしょう。
しかしセラミックなら堂々と見せられるため、仕事やプライベートでの人付き合いにプラス効果をもたらします。

虫歯の再発が起こりにくい

詰め物や被せ物で覆われた歯…すなわち虫歯治療をした歯が再度虫歯になってしまうことがあります。
これは銀歯によく見られる傾向で、接着が弱く劣化しやすい銀歯は虫歯の再発が起こりやすいのです。
実際、銀歯を使用している方の多くがこの虫歯の再発に悩まされています。

一方、セラミックには虫歯の再発が起こりにくいという利点があります。
表面がツルツルしているセラミックにはプラークが付着しにくいですし、
何より歯との接着の相性も良いため、接着が剥がれて隙間が生じるようなことがないからです。

長持ちする

銀歯は5年ほどで寿命になりますから、そのたびに新しいものに交換しなくてはなりません。
最も、セラミックにも寿命はあるので一定期間で交換が必要なのは銀歯と同じです。
しかし寿命は銀歯よりも遥かに長く、セラミックなら10年以上使用することが可能です。

特にオールセラミックにおいてはケア次第で15年や20年使用することもあり、
銀歯に比べて長く使えるという利点があるのです。さらに寿命がくるまでの間に目立った劣化も起こらず、
審美性と機能性を維持したまま使用し続けることができます。

金属アレルギーでも安心

金属アレルギーの方にとって銀歯はその対象になるので使用しづらいですが、
陶器でつくられているセラミックなら金属アレルギーは起こりません。
また、金属イオンの溶け出しのような事態も起こらず、セラミックには身体に優しい利点があります。

ただし、この利点については全てのセラミックに該当するわけではありません。
セラミックにはいくつかの種類があり、その中のメタルボンドというタイプは一部金属を使用しています。
金属アレルギーが起こらないのは100%セラミックで仕上げたオールセラミックなどのタイプです。

歯肉の美しさも維持できる

セラミックにすることで歯だけでなく歯肉の美しさも維持できます。
最も、歯肉が直接美しく変化するわけではないのですが、
銀歯の場合は使用するにつれて金属イオンが溶け出し、その影響で歯肉が黒く変色してしまうのです。

その点セラミックにはこうした溶け出しが起きないため、使用によって歯肉に影響を与えることはありません。
美しいお口を再現するには歯だけでなく歯肉の美しさも必要ですが、
セラミックなら長年使用しても今の歯肉の色を維持できるのです。

軽い

銀歯の材質は金属で、セラミックの材質は陶器です。
そして、これらを比較すると銀歯…すなわち金属よりもセラミックの方が軽いのです。
このためセラミックは銀歯に比べて重さを感じることなく快適に使用できます。

詰め物の場合はそれほど差を感じないかもしれませんが、
歯全体を覆う被せ物となると使用する材質の量も多いため、銀歯は重く感じます。
ちなみにセラミックの種類ごとでも重さが異なり、ジルコニアなら金属の重さの1/3ほどになっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの利点についてまとめます。

1. 審美性が高い :天然の歯と見分けがつかないほどの自然な白さと光沢を誇る
2. 虫歯の再発が起こりにくい :歯との接着の相性も良く、ツルツルしているのでプラークも付着しにくい
3. 長持ちする :セラミックは10年以上使用でき、さらにその間目立った劣化も起こらない
4. 金属アレルギーでも安心 :100%セラミックのタイプなら、金属を一切使用していない
5. 歯肉の美しさも維持できる :銀歯は金属イオンが溶け出して歯肉が変色してしまう
6. 軽い :銀歯に比べてセラミックは軽くて快適。被せ物になると特にその差を感じる

これら6つのことから、セラミックの利点が分かります。
審美性の高さだけが目立つセラミックですが、実は機能性においても銀歯より優れた利点を持っています。
虫歯の再発予防、寿命の長さ、金属アレルギーの心配がない、
これらは銀歯では再現できないセラミックならではの利点です。

PAGE TOP