お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5427

再診・その他のお問い合わせ

045-937-2006

「メタルボンド」とは何のことですか?|横浜市緑区中山の歯医者 ひだまり歯科医院

ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院
ひだまり歯科医院へのお問い合わせ:045-937-2006

初診予約

再診・その他

「メタルボンド」とは何のことですか?

神奈川県中山駅の歯医者さん、ひだまり歯科医院です。
今回のテーマは「メタルボンドについて」です。
メタルボンドとはセラミックの一種で、セラミック治療の際に使用します。

ちなみにセラミック治療とは被せ物をセラミックにするための治療なのですが、
実はこの時使用するセラミックにはいくつか種類があります。
そしてその中の1つがメタルボンドであり、ここではそんなメタルボンドについての説明をしていきます。

メタルボンドのメリット

メタルボンドはメタルの名が示すとおり、セラミックでありながら金属も使用しています。
陶器であるセラミックは材質上、欠けや割れの事故を心配する声がありますが、
金属を使用しているメタルボンドはセラミックであると同時に金属の耐久性も兼ね備えているのです。

このため欠けや割れが起こりにくく、その耐久性の高さから奥歯でも安心して使用できます。
さらに見た目も美しいため、審美性と耐久性の両方の高さを実現しているのがメタルボンドのメリットです。
もちろん基本はセラミックですから、プラークが付着しにくいなどセラミック独自の特徴も持っています。

メタルボンドのデメリット

金属を使用しているため耐久性がある…これがメタルボンドのメリットですが、
同時に金属を使用していることがメタルボンドのデメリットにもなっています。
まず金属アレルギーの対象になってしまうことが真っ先に挙げられます。

さらにメタルボンドは見る角度によっては金属が見えてしまうため、
銀歯よりは美しいものの他の種類のセラミックに比べると審美性に劣るのもデメリットです。
また年数経過による劣化によってセラミックが剥がれ、金属が露出してしまうこともあります。

減少傾向にあるメタルボンド

最近ではメタルボンドを希望する人は減少傾向にありますが、これはジルコニアセラミックの登場が原因です。
ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドのジルコニアを使用した新しいタイプのセラミックで、
耐久性が高いという点でメタルボンドに似た特徴を持っています。

さらにメタルボンドよりも美しく、金属を使用していないので金属アレルギーの対象にもなりません。
このためジルコニアセラミックはメタルボンドの上位タイプと位置付けられています。
メタルボンドにするならジルコニアセラミックの方が良い…そう考える人が増えているのです。

<ジルコニアセラミックのデメリット>
ではジルコニアセラミックには一切のデメリットがないのか?…実はそうとも言えません。
ジルコニアセラミックはメタルボンドより耐久性においても審美性においても優れていますが、
新しいタイプなので取り扱っている歯科医院がまだ少ないこと、さらに費用が高いことがデメリットです。

その他の種類のセラミック

今回のテーマでもあるメタルボンド、その上位タイプに位置するジルコニアセラミック、
それ以外にも2つの種類のセラミックがあり、実際には4種類のセラミックから選択することになります。
ちなみに、その他2種類のセラミックとそれぞれの特徴は以下のようになります。

・オールセラミック
100%セラミックでできているセラミックの中で最も美しいタイプであり、
耐久性はジルコニアセラミックに劣るものの審美性では上回っています。
ジルコニアセラミック同様、費用が高いのがデメリットです。

・ハイブリッドセラミック
セラミックとレジンが混ざったタイプで、レジンの影響で年数経過による変色が起こります。
このため銀歯に比べれば審美性は高いものの、他の種類のセラミックに比べると一段階劣ります。
ただしその分費用が安く、ハイブリッドセラミックはお手軽なセラミックとして位置づけられています。

セラミックと健康保険

セラミック治療は全体的に費用が高いのがデメリットですが、
これはセラミック治療に健康保険が適用されないからです。
ではなぜセラミック治療に健康保険が適用されないのでしょうか。

健康保険適用の基準として「健康目的とする必要最低限の治療」というのがありますが、
被せ物を立てるために行うセラミック治療は「健康目的の治療」の基準は満たしています。
しかし審美性や機能性の高さから、「必要最低限の治療」の基準を満たしていないのです。
このため健康保険適用の基準を満たしていないことになり、健康保険が適用されないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、メタルボンドについてまとめます。

1. メタルボンドのメリット :金属を使用しているため、セラミックでありながら高い耐久性を持つ
2. メタルボンドのデメリット :見る角度によっては金属が見えてしまう上、金属アレルギーの対象にもなる
3. 減少傾向にあるメタルボンド :ジルコニアセラミックが登場したため
4. その他の種類のセラミック :オールセラミック、ハイブリッドセラミックがある
5. セラミックと健康保険 :健康目的でも必要最低限の治療でないため、健康保険が適用されない

これら5つのことから、メタルボンドについて分かります。
まとめると、メタルボンドとはセラミックの一種であり、一部金属を使用したタイプです。
そして金属を使用している点がメタルボンドのメリットであり、デメリットでもあります。

メリットとしては金属の耐久性を持っていることで、そのため奥歯でも安心して使用できます。
一方デメリットとしては見る角度によって金属が見えてしまうのでそうなると審美性を損なうこと、
さらに金属アレルギーの対象になることがデメリットです。

PAGE TOP